映画『アメリカン・ユートピア』公式サイト

映画の原案となったのは、2018年に発表されたアルバム「アメリカン・ユートピア」。この作品のワールドツアー後、2019年秋にスタートしたブロードウェイのショーが大評判となった。2020年世界的コロナ禍のため再演を熱望されながら幻となった伝説のショーはグレーの揃いのスーツに裸足、配線をなくし、自由自在にミュージシャンが動き回る、極限までシンプルでワイルドな舞台構成。マーチングバンド形式による圧倒的な演奏とダンス・パフォーマンス      元トーキング・ヘッズのフロントマン、デイヴィッド・バーンと11人の仲間たちが、驚きのチームワークで混迷と分断の時代に悩む現代人を”ユートピア”へと誘う。
この喜びと幸福に満ちたステージを、『ブラック・クランズマン』でオスカーを受賞し、常に問題作を作り続ける鬼才・スパイク・リーが完全映画化。80年代の傑作『ストップ・メイキング・センス』から36年。アメリカ全土を巻き込んだ熱狂が今、日本に緊急上陸! かつて誰も見たことのない、全く新しいライヴ映画が誕生した。
これは、更なる進化を続けるデイヴィッド・バーンからの、迷える今を生きる私たちの意識を揺さぶる物語であり、熱烈な人生賛歌である。
デイヴィッド・バーン
1952年5月14日、スコットランドのダンバートン生まれ。子供の頃、一家はカナダに行き、その後アメリカのメリーランド州に引っ越す。成長したバーンはロード・アイランド・スクール・オブ・デザイン等で学び、やがてこの大学の仲間とトーキング・ヘッズを結成し、77年にアルバムデビュー。80年の革新的なアルバム“Remain in Light”が大きな反響を呼ぶ。84年にはライヴ映画『ストップ・メイキング・センス』(ジョナサン・デミ監督)を発表し、高い評価を受ける。バーン自身も86年に『デヴィッド・バーンのトゥルー・ストーリー』で監督デビュー(後にライヴ映画『ビトウィーン・ザ・ティース』(93)も共同監督)。バンドは91年に解散したが、02年に“ロックの殿堂”入りを果たした。
バーン自身はブライアン・イーノと組んだ“My Life in the Bush of Ghosts”(81)でソロ活動を開始。その後は“Rie Momo”(89)、“Uh-Oh”(92)、“David Byrne”(94)、“Feelings”(97)、“Look into the EyeBall”(01)、“Grown Backwards”(04)等のソロアルバムを発表。その後はイーノとの共作“Everything that Happens Will Happen Today”(08)を作り、そのツアーは『ライド・ライズ・ロウアー』(10)で映像化された。また、イメルダ・マルコスを描くファットボーイ・スリムとのアルバム“Here Lies Love”(10)は13年に舞台化される。12年にはセイント・ヴィンセントとのコラボ作“Love This Giant”も発表。18年の14年ぶりのソロアルバム“American Utopia”はグラミー賞候補となる。映画音楽は『ラスト(ナカグロトルツメ)エンペラー』(87)で坂本龍一らと共にアカデミー賞の作曲賞受賞。その後は『猟人日記』(03)、『きっと ここが帰る場所』(11)等の映画にも音楽を提供。他に写真、イラスト、エッセイも手がけるマルチな才人。
ジャクリーン・アセヴェド
グスターヴォ・ディ・ダルヴァ
ダニエル・フリードマン
クリス・ギアーモ
ティム・カイパー
テンデイ・クーンバ
カール・マンスフィールド
マウロ・レフォスコ
ステファン・サン・フアン
アンジー・スワン
ボビー・ウーテン・3世
スパイク・リー
1957年3月20日、ジョージア州アトランタ生まれ。父親はミュージシャンのビル・リー。スパイクが3歳の時に一家はニューヨークのブルックリンに移る。成長後はアトランタのモアハウス大学やニューヨーク大学映画科で学ぶ。卒業制作作品『ジョーズ・バーバーショップ』(83)が好評を博し、86年の長編デビュー作『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』が興行的にも批評的にも成功をおさめる。人種問題を扱った89年の『ドゥ・ザ・ライト・シング』が世界に衝撃を与え、アカデミー賞のオリジナル脚本賞候補となる。92年の大作『マルコムX』 (92)も評判を呼んだ。06年のスリラー『インサイド・マン』は全米で興行的に大成功を収めている。15年にはアカデミー賞の特別賞も受賞。18年の『ブラック・クランズマン』はアカデミー賞の作品賞・監督賞等の候補となり、見事に脚色賞を受賞。アフリカ系アメリカ人の先駆的な映画人として多くの人々にリスペクトされ続けている。その他の主な作品に『スクール・デイズ』(88、ビデオ公開)、『モ'・ベター・ブルース』(90)、『ジャングル・フィーバー』(91)『クルックリン』(94)、『クロッカーズ』(95)、『ガール6』、『ゲット・オン・ザ・バス』(共に96)、『ラスト・ゲーム』(98)、『サマー・オブ・サム』(99)、『25時』(02)、『セレブの種』(04)、『セントアンナの奇跡』(08)、『オールド・ボーイ』(13)、『ザ・ファイブ・ブラッズ』(20、配信)
エレン・クラス
1959年、ニュージャージー出身。ブラウン大学、ロード・アイランド・スクール・オブ・デザイン等で学ぶ。92年の『恍惚』でサンダンス映画祭最優秀撮影賞受賞。スパイク・リーとは99年の『サマー・オブ・サム』で組む。主な作品に『ブロウ』(11)、『コーヒー&シガレッツ』(33)、『エターナル・サンシャイン』(04)、『ヴェルサイユの宮廷庭師』(14)等がある。
アダム・ガフ
1982年、英国コーンウォール出身。『ハリー・ポッターと死の秘宝PARTⅠ』(10)などの編集助手を経て、ネットフィリックスの『ROMA/ローマ』(18)の編集を監督のアルフォンソ・キュアロンと共に手がけ、シカゴ批評家協会賞を受賞。スパイク・リー監督の『ザ・ファイブ・ブラッズ』(20、配信)も手がける。
アニー・B・パーソン
ニューヨークのブルックリン出身。コネチカット大学やコロンビア大学等で学び、91年に仲間と共にビッグ・ダンス・シアターを設立。ダンサーのミハイル・バリシニコフ、デイヴィッド・ボウイなどとも組む。デイヴィッド・バーン公演の振り付けも担当し、彼のライブ作品『ライド・ライズ・ロウアー』(10)や彼とファットボーイ・スリムが音楽を手がけた“Here Lies Love”の舞台(13、初演)にも参加し、後者では英国のオリヴィエ賞候補となる。
アレックス・ディンバース
1978年生まれ。舞台演出家として知られ、19年の「ビートルジュース」の舞台版では8部門のトニー賞候補となる。デイヴィッド・バーンとファットボーイ・スリムが音楽担当の舞台“Here Lies Love”(13、初演)ではルシル・ローテル賞受賞。ゴールデン・グローブ賞受賞の配信ドラマ・シリーズ「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」(14~18)では製作総指揮・脚本などを担当。
  • 映画のはじまり
    この映画を作った動機についてデイヴィッド・バーンは振り返る。「今回のショーは自分のこれまでのショーとは、まるで違うものになるので映画化すべきだと思った。いま、世界で起きていることを表現したかった。ミュージシャンとして、これまでより責任のある行動に出たかったんだ」。そこで知人のスパイク・リーに声をかける。彼はニューヨーク公演に先駆けたボストン公演を鑑賞。「素晴らしいショーで、僕の役割はカメラの動きについて考えることだと思った。ショーを見た時、どう撮影すればいいのか、すぐにつかめたんだ。バルコニーの上から見たら人物たちの動きに決まったパターンがあることが分かって、上から撮る方法を思いついた」とリーは語る。
    マーチング・バンドを意識
    リーはミュージシャンたちが舞台に出てきた時、新鮮な驚きを感じたという。「パーカッションはマーチング・バンドのようで、振り付けも素晴らしいと思った」と語る。通常はひとりのドラマーによって作られる音が舞台では複数のパーカッショニストによって表現された。「すごくエキサイティングだと思った。視覚的にも感情に訴える力においても、これまでと異なるインパクトがあるからね」とバーンはこの点を分析する。「複数の人物が“ひとつ”となって動く姿を観客たちは目撃し、体験できるんだ」
  • グレーのスーツ
    今回のショーの衣装についてバーンは語る。
    「一体感のある服装にしたいと考えた。その方がパワフルな印象を与えるからね。そこでスーツを選んだ。そして、照明デザイナーに“何色のスーツがいいと思う?”と尋ねたら、ミディアム・グレーがいい、という答えが返ってきた。照明を消すと見えなくなるし、明かりをつけると、ぱっと浮かび上がると言われた」。その結果、グレーを効果的に使った舞台が実現した。
    観客の大切さ
    公演に参加した観客についてバーンは振り返る。「観客たちがそこにいることがすごく重要だった。何か通じ合うものがあった」。この点に関してリーも賛同する。「観客と舞台の人々の間に何かが生まれた。魔法のような感覚があった」。公演はニューヨークのハドソン劇場で2019年10月から2020年2月まで行われたが、コロナウィルスによる感染が広がる前だからこそ、観客と出演者たちの親密な雰囲気を生かした作品となった。
  • タイトルの意味
    『アメリカン・ユートピア』というタイトルにはどんな意味が込められているのだろうか。
    「僕たちがいるのはユートピアではないが、それを実現できる可能性についても伝えたかった。言葉で語るのではなく、それを見ることができる。そして、その心地いい手ごたえを感じることもできる」。彼は選挙に行くことの重要性も訴えることでユートピアを実現することの意味について考えさせる。
    バーンとリーの出会い
    今回、初めて手を組むことになったデイヴィッド・バーンとスパイク・リー。その出会いについてバーンは振り返る。「初めて会ったのがいつなのか、はっきり覚えていないが、これまで近くをすれ違う関係だった。同じ時代にニューヨークで活動を始めたからね」。バーンはリーが監督した映画を見ていて、リーの方はバーンがフロントマンだった人気バンド、トーキング・ヘッズの初期のアルバムのファンだった。「互いにリスペクトしていたが、今回は“最高のコンビ”になった」とリーは語っている。
映画のはじまり
この映画を作った動機についてデイヴィッド・バーンは振り返る。「今回のショーは自分のこれまでのショーとは、まるで違うものになるので映画化すべきだと思った。いま、世界で起きていることを表現したかった。ミュージシャンとして、これまでより責任のある行動に出たかったんだ」。そこで知人のスパイク・リーに声をかける。彼はニューヨーク公演に先駆けたボストン公演を鑑賞。「素晴らしいショーで、僕の役割はカメラの動きについて考えることだと思った。ショーを見た時、どう撮影すればいいのか、すぐにつかめたんだ。バルコニーの上から見たら人物たちの動きに決まったパターンがあることが分かって、上から撮る方法を思いついた」とリーは語る。
マーチング・バンドを意識
リーはミュージシャンたちが舞台に出てきた時、新鮮な驚きを感じたという。「パーカッションはマーチング・バンドのようで、振り付けも素晴らしいと思った」と語る。通常はひとりのドラマーによって作られる音が舞台では複数のパーカッショニストによって表現された。「すごくエキサイティングだと思った。視覚的にも感情に訴える力においても、これまでと異なるインパクトがあるからね」とバーンはこの点を分析する。「複数の人物が“ひとつ”となって動く姿を観客たちは目撃し、体験できるんだ」
グレーのスーツ
今回のショーの衣装についてバーンは語る。
「一体感のある服装にしたいと考えた。その方がパワフルな印象を与えるからね。そこでスーツを選んだ。そして、照明デザイナーに“何色のスーツがいいと思う?”と尋ねたら、ミディアム・グレーがいい、という答えが返ってきた。照明を消すと見えなくなるし、明かりをつけると、ぱっと浮かび上がると言われた」。その結果、グレーを効果的に使った舞台が実現した。
観客の大切さ
公演に参加した観客についてバーンは振り返る。「観客たちがそこにいることがすごく重要だった。何か通じ合うものがあった」。この点に関してリーも賛同する。「観客と舞台の人々の間に何かが生まれた。魔法のような感覚があった」。公演はニューヨークのハドソン劇場で2019年10月から2020年2月まで行われたが、コロナウィルスによる感染が広がる前だからこそ、観客と出演者たちの親密な雰囲気を生かした作品となった。
タイトルの意味
『アメリカン・ユートピア』というタイトルにはどんな意味が込められているのだろうか。
「僕たちがいるのはユートピアではないが、それを実現できる可能性についても伝えたかった。言葉で語るのではなく、それを見ることができる。そして、その心地いい手ごたえを感じることもできる」。彼は選挙に行くことの重要性も訴えることでユートピアを実現することの意味について考えさせる。
バーンとリーの出会い
今回、初めて手を組むことになったデイヴィッド・バーンとスパイク・リー。その出会いについてバーンは振り返る。「初めて会ったのがいつなのか、はっきり覚えていないが、これまで近くをすれ違う関係だった。同じ時代にニューヨークで活動を始めたからね」。バーンはリーが監督した映画を見ていて、リーの方はバーンがフロントマンだった人気バンド、トーキング・ヘッズの初期のアルバムのファンだった。「互いにリスペクトしていたが、今回は“最高のコンビ”になった」とリーは語っている。
“正真正銘の傑作”
ローリングストーン誌
“素晴らしい多幸感”
エンターテインメントウィークリー誌
“人生賛歌”
スラント
“スリルと遊び心と魅惑にあふれる”
バラエティ誌
“豊かで力強い”
ザ・ラップ
“心が高揚する”
コンシークエンス・オブ・サウンド
“天にも昇るようなまばゆい至福の時”
ニューヨーク・タイムズ紙